【写真で翻訳】面倒な作業は「翻訳文字起こしBot」にお任せ!【ジョンコパ】

みなさん海外旅行に行った時や、英語の資料を読む際どうしていますか?

いちいち意味を調べるの面倒なんだよね….
と、そんなときにおすすめしたいのが翻訳文字起こしLINE Botジョンコパです。

写真を撮影して送るだけ」で面倒な翻訳作業、さらに翻訳内容を文字起こししてくれます。
英語の翻訳、海外旅行での看板やメニューの翻訳に活躍すること間違いなしです。

それでは早速翻訳文字起こしBotジョンコパの紹介をしていきます。

翻訳文字起こしBot【ジョンコパ】とは?

翻訳文字起こしBotのジョンコパは、株式会社Freelyが2018年4月29日にリリースしたLINE Botです。
>>Freelyについてはこちら

写真を撮ったものが翻訳される、さらに文字起こししてくれるのでこのLINE Botを入れておくだけで様々なシーンで活躍することができます。

  • 海外旅行で読めない文字がある時の翻訳
  • 英語の資料の翻訳文字起こしがしたい時
  • 日本語の資料を英語に翻訳したい時

日本語の場合は英語に翻訳、日本語以外の言語の場合には日本語に翻訳して文字起こししてくれます。
写真を撮って翻訳してくれるものとしては「Google翻訳」がありますが、複数言語対応でアプリを入れる必要もないので、気軽に試せて便利なLINE Botは便利ですね。

LINE Botの友達登録はこちらから

翻訳文字起こし【ジョンコパ】LINE Botの使い方

それでは翻訳文字起こしLINE Botの導入方法を説明していきます。

  • STEP.1
    ジョンコパを友達登録する
    こちらのリンクからジョンパコを友達登録していきます。
    QRコードから読み取る場合はこちら
  • STEP.2
    翻訳したい画像を送る
    翻訳したい文字を写真で撮って、LINEのトークで送信しましょう。
  • STEP.3
    翻訳するをクリック
    「翻訳するん?」と関西弁で聞かれるので「はい」を選択します。
  • STEP.4
    翻訳が文字起こしされる

簡単な手順で翻訳から文字起こしができてしまいましたね。
今回は手元にあった韓国語の教科書を翻訳してみましたが上手く翻訳してくれました。

韓国語の文字が打てない時でも写真で文字起こししてくれるのは非常に便利ですね。

翻訳文字起こしLINE Botはここが便利!

この翻訳文字起こしLINE Botが使える場面にはどのようなものがあるのでしょうか。

1:海外旅行で翻訳に困らない

海外旅行中の駅の案内や、ホテルのメニューが読めない際に写真を撮ってこの「ジョンパコ」に送れば簡単に翻訳してくれます。

海外旅行前に友達登録だけしておけばすぐに使うことができるし、LINEなので使い方も迷うことがありません。

2:外国語の資料を日本に訳したい時

外国語で書かれた資料を訳したい時にも、写真を撮って1回送ってしまえば簡単に翻訳ができてしまいます。
また文字起こしをしてくれるのでそのままレポートや、引用として使うこともできます

学校の課題なのでも活躍してくれますね(悪用厳禁….?)

3:日本語の資料をその場で外国語に翻訳

日本語の資料を外国人の方に向けて英語に翻訳したい場合にも活躍してくれますね。

海外旅行で日本にきている困ってる外国人を助ける際にも写真で撮影するだけで、説明することもでき観光案内にも使うことができます。

ジョンコパ以外にも便利なLINE Botがたくさん

Freelyでは翻訳文字起こしLINE Bot以外にも、様々なLINE Botがリリースされています。

こちらのリンクから Freelyから出ているLINE Botを見ることができるので確認してみてください。
>>FreelyのLINE Botを見る

以上:【写真で翻訳】面倒な作業は「翻訳文字起こしBot」にお任せ!【ジョンコパ】でした