ブログで副収入を得る方法を無料公開中

バックパッカーの持ち物はこれを見ればOK!【保存版】

何にも縛られずに自由に旅に出るバックパッカー。

「荷物は最低限のもので、足りないものは現地調達を・・」
って言っても最初は分からないことだらけですよね。

そこで今回、毎年バックパッカーに出かけているぼくが必要だと思う「バックパッカーの持ち物」を紹介していきます。

持ち物リスト

まず初めに今回の持ち物リストを印刷してチェックできるように、ダウンロードできる「バックパッカー持ち物リスト」を用意しました

細かいことはこのページをブックマークして確認できるようにして、印刷した持ち物リストでチェックをつけていくことができます。
持ち物リストのダウンロード

持ち物リストをバックパッカーで持ち歩くことで忘れ物確認にも役に立ちます。

バックパッカーに必須の持ち物

まず初めにバックパッカーの持ち物として「これが無いと旅行できないよ!」というものを紹介します。

1:パスポート・ビザ

これが無いとまず日本から出ることはできませんね。

パスポートやビザは常に身につけているものに入れておきましょう。

パスポートを入れておくケースなどを持っておくととても便利。
ぼくも使っているおすすめのケースはこちら。

2:お金、カード類

 

お金は旅行に行く際には現金、海外で利用可能な銀行のカード、クレジットカードなどを持っていくことになると思います。


ここで1番バックパックにおいて必須の持ち物【海外旅行保険付きのクレジットカード】を用意しましょう。
年会費無料でも海外に行く上でお金が下ろせるだけでなく、病気になった際にも3ヶ月間保険が効きます。

海外向きの一番おすすめのクレジットカードはエポスカードです。



エポスカードのおすすめのポイントはこれ

  • 年会費無料海外旅行保険に特化している。
  • インターネットから申請ができるので店舗なら即日発行可能。(郵送でも送って貰えます)

また、クレジットカードは紛失のことなどを考えると2つ以上持っておくのをおすすめします。

そこで2つ目のクレジットとしておすすめするのが三井住友カードのBooking.comカードです。

Booking.comはバックパック中のホテル予約におすすめで、ぼくはバックパック中はこのサイト1つだけでホテル予約していました。

Booking.comカードは年会費が無料で、入会だけで「Booking.Genius」会員にアップグレードできます。

世界中どこでも宿泊代金10%OFFに加え、レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウェルカムドリンクなど無料でサービスが受けられます。
またBooking.comでこのカードを使うと5%分がポイントで還元される実質5%OFFのような無料なのに素晴らしい特典がついています。

バックパッカーに行く前にしっかりと前もって準備しておきたい持ち物です。

コンタクト・メガネ

コンタクトやメガネがないとせっかくの楽しい旅行でも台無しになってしまいます。

しっかりと日数分よりも多くのコンタクトの用意と、メガネを忘れないように持ち物チェックをしておきましょう。

携帯・充電器

携帯があれば海外で地図を見るにも、ホテルを予約するにもSNSで旅行を投稿するにも役に立ちます。

そしてここではいくつかバックパッカーで役にたつアプリを紹介しておきます。

Booking.com

Booking.comはクレジットカードでも紹介しましたが、バックパッカーの旅行先でのホテル探しはこのアプリ1つで済んでしまいます。

基準としてはホテル選びは評価が8以上という基準で決めれば、安くてもいいホテルを見つけることができるでしょう。

MAPS.ME

MAPS.MEは海外のマップを事前にダウンロードしておくことで、オフラインの状態でも現在位置を表示してくれたり経路案内が使える優れたアプリです。

電波がなくてもホテルのWiFiが通じている時に、いきたいところにピンを打っておく使いかたもできます。

マネーベルト・鍵

バックパッカーにおいて自分の荷物を守るのは非常に大事です。

そこでお金やパスポートを守る一番確実な方法はマネーベルトを使うことです。
ドミトリーに泊まるのであればロッカーをロックする鍵が必要になります。

夜行列車に乗る時などマネーポケットは常に服の下に巻いておくことをおすすめします。

おすすめのマネーベルト、鍵はこちら

 

マネーベルトや鍵を持っていない人は絶対に準備しましょう。
これを買うのを惜しむより海外での被害を抑えるほうが大事です。

バックパッカーに必要な持ち物

現地調達もできるけど、日本から持っていった方がいい物を紹介します。

洋服

洋服はどれくらい持っていくか最初は迷うと思いますが、バックパッカーで荷物は最低限に抑えたほうが良いのでぼくがおすすめするのは3日分持っていくです。

また寒さに備えて小さくたためるダウンジャケットが重宝できます。
夜行列車などでも小さくまとまるから手持ちのリュックに入れておくことができます。

 

また洋服は圧縮袋を使えば小さくまとめることができ、衣類分けにも便利です。

サンダル・帽子・サングラス

いく国にもよりますが、アジアを回ったりする場合にはサンダルや帽子、サングラスがあることで暑さを避けるために役に立ちます。

また女性の方は日焼け止めも用意しておきた方が良いでしょう。

速乾タオル

バスタオルを持っていくと持ち物がかさばってしまいますが、速乾タオルを持っていけば小さくたためるだけでなく絞るだけで乾かす必要もないのでバックパッカーにぴったりの持ち物です。

歯ブラシ・髭剃り・ドライヤー

歯ブラシや髭剃り、または充電コードは忘れがちなのでしっかりと忘れずに持っていきましょう。

ドライヤー
また女性の方はドライヤーが必要な方もいると思いますが、できるだけコンパクトなものにしましょう。

あると便利な持ち物

それでは最後にこれは持っていくと便利!という持ち物を紹介していきます。

S字フック、トイレットペーパー

S字フック、トイレットペーパーってバックパッカーで何に使うの?って思う方もいると思いますが、ずばりトイレです。

トイレの床って想像以上に海外って汚いので床に荷物を置きたくないときにS字フックを使います。

またトイレットペーパーは備え付けではないところもあるので小さく必要な分だけ持ち歩いておくことをおすすめします。

シャンプー・石鹸

格安ホステルやホテルに宿泊すると結構な確率でシャンプーも石鹸もついていません。

そこで100均などの小さなボトルに入れて持っていくと便利です。
ぼくは石鹸は1日分の大きさに包丁で切ってパックに入れておきました。

洗面用具

ラウンドリーを使おうと思っている方を覗いてほとんどの方は自分で洗濯すると思います。

そこで洗面用具として持っていきたいのが

  • 洗剤(ペットボトルに入れて)
  • アロマオイル(洗う時に1滴入れると部屋干し臭がしなくなる)
  • 簡易バケツ(水貯めて洗う)
  • 洗濯ロープ(部屋干しのかけるロープ)

アロマオイルと洗濯ロープは100均で購入できて便利すぎるので持っていくべきです。

簡易バケツは水を貯めてばちゃばちゃ洗う時に使います。
結構多くのホステルでは洗面台に水が貯められません笑

簡易バケツのおすすめはこちら

爪切り・アーミーナアイフ

爪切りは爪を切るだけではなく、お菓子の袋を開けるのにも役に立つ隠れた万能アイテムです。

アーミーナイフも同様に使え、果物などもその場で食べることができますが機内持ち込みができないのでそこだけ注意しましょう。

GoPro・一眼カメラ

GoProや一眼カメラを持ち物で持っていくと旅行の写真を鮮明に残すことができます。

初心者のぼくでもこれくらいの写真が撮れてしまいます。
【インドのバラナシで撮影】

【ネパールで自撮り】

ぼくは旅行の動画や写真を撮るのが好きなので荷物はかさばるけど、どちらも持っていってます。

おすすめのGoProや、バックパッカーにオススメの一眼レフは別記事で詳しく書いているので参考にしてみてください。

【最新】GoPro(ゴープロ)おすすめ人気ランキング【比較】
旅行におすすめの一眼レフカメラはこれ!【Pentax Ks-2】

パソコン

パソコンは持っていく人、持っていかない人で意見は分かれますが、ぼくの場合はなるべくリアルタイムで写真の編集をしたり、GoProの動画の編集をしたり、このブログのように記事を書いたりすることが多いので必須の道具です。

ホテルのロビーでぼーっと飲み物飲みながら夜に写真や記事を書いたりしているとすっきりしてすごい1日のまとめになります。

まとめ

今回はバックパッカーで役に立つ便利な持ち物リストを紹介しました。

バックパックは荷物は最低限でも現地で調達できるのでそこまで神経質にならないで良いです。

ぼくの場合だとパソコンやカメラ、GoProは必須道具ですが、みなさんそれぞれのバックパッカーを楽しくする必須の持ち物があると思います。

バックパッカーに関する記事はこちら!

【旅行】バックパックの忘れ物をしない荷物の入れ方。【パッキング方法】
大学生がバックパッカーをするべき5つの理由。「学生よ、旅に出よう」
インド、ネパールで大学生がバックパッカー1人旅してきました!

以上:バックパッカーの持ち物はこれを見ればOK!【保存版】でした。