ブログで副収入を得る方法を無料公開中

おすすめのRAW現像ソフトまとめ【無料のフリーソフトから有料まで】

未処理の状態のRAWファイルの調整を「RAW現像ソフト」を使うことにより、画質を劣化させることなく自分の好きな色合いに変えることができます。

そんな写真の表現の幅を広げるためのRAW現像ソフトのおすすめを、無料のフリーソフトから、有料ソフト、スマホのアプリまで様々なソフトをまとめました。
ぜひ自分に合ったRAW現像ソフトを見つけてみてください。

それでは早速紹介していきましょう。

おすすめの有料RAW現像ソフト

有料RAW現像ソフトは、使いやすさや機能が充実していて、自分の理想に近い編集と表現を可能にしてくれます。
しかし高額なソフトが多いため、無料のソフトを試してみてから有料ソフトを使ってみるのも良いでしょう。

1:Adobe Photoshop Lightroom

最初におすすめするRAW現像ソフトはもちろんAdobeのLightroom cc
抜群の多機能と操作性を誇り、多くのカメラマンからの指示を得ているソフトです。

カメラメーカー純正の高機能のRAW現像ソフトをも上回る機能があり、Lightroom CCではクラウドストレージを使用することにより、写真の管理が楽になり、OSを問わず様々なディバイスから編集をすることが可能になっています。

このRAW現像ソフトの優れている点として、現像に慣れていない人であっても直感的に作業することができ、自分のイメージに近い写真を簡単に表現できるということがあります。
さらにPhotoshop CCでの編集にも切り替えることができるため更に表現の幅を広げたい方にとっては嬉しいサービスです。

こういった点から、Lightrromは値段もそこまで高くなく、RAW現像の初心者からプロのカメラマンにまで愛される最もおすすめできるRAW現像ソフトです。

市川ソフトラボラトリー SILKYPIX Developer Studio

市川ソフトラボラトリーから販売されている国産のRAW現像ソフトで、国内カメラマンの指示がある有料RAW現像ソフトです。

濁りのない正確な色の再現性や、JPEGファイルやTIFFファイルであってもRAWファイルに近い形に拡張し、高度な調整が可能になっている点がおすすめで、普段JPEGでしか写真を撮って来なかった方であってもこれまでの写真の編集を楽しむことができます。

国産の有料RAW現像ソフトであるため、マニュアルや操作性における使いやすさにおいておすすめできます。

Corel AfterShot Pro

重くなりがちなRAW現像の作業スピードが「Lightroom」の4倍のを誇り、長時間のパソコンの作業から解放してくれるおすすめのRAW現像ソフト。
Photoshopを使わずにも、シミの修正や赤目を修正できる点も簡単で嬉しい機能。

値段も高くなく、写真の管理やRAW現像に慣れていない方にも使いやすい機能が充実していて、初心者の始めのソフトにおすすめできるRAW現像ソフトの1つです。

DxO OpticsPro

Lightroomと同じように有料現像ソフトで人気があるのがこのOpticsProです。
Lightroomと比べるとノイズ除去機能が優れていたり、ClearViewモードのような1クリックで画像をクリアにする機能などが備わっていて、LightroomやPhotoshopと一緒に使う方も多いソフトです。

値段から考えるとPhotoshopも使うことができるLightroomの方が優れているような気もしますが、どちらにも優れている機能は違い両方をうまく使っていくことができるようになれば、作業の幅も更に広がるでしょう。

写真のRAW現像ソフトとして、根強い人気があるおすすめソフトです。

おすすめの無料、フリーRAW現像ソフト

それでは次に無料で使用することができるRAW現像ソフトを紹介していきます。

RAW現像のフリーソフトでは、使っているカメラのメーカー純正の現像ソフトを使用する方法と、誰でも使用することができる現像ソフトに分かれます。
それではそれぞれのおすすめを紹介していきます。

メーカーの無料現像ソフト

Canon:Digital Photo Professional

出典:canon

Canonのメーカー純正の無料現像ソフトで、Canonのカメラを使っている方であれば、初めにこの現像ソフトをつかて現像をしてみることをおすすめします。

無料現像ソフトの中でも使いやすさや機能は優れていて、Canonのカメラを使っているのであれば、無料とは思えないクォリティのソフトなので試してみる価値はあります。

Nikon:Capture NX-D

出典:Nikon

Nikon純正の無料現像ソフト。
操作しやすい画面表示に加えて、自分の表現を引き出せるように、画像に写り込んだゴミやほこりの影響を効果的に低減できるといったような多彩な機能が備わっています。

またRAWファイル以外にもJPEGやTIFFファイルの編集もできる点もおすすめ。

SONY:Image Data Converter

出典:SONY

SONYの純正RAW現像ソフトです。
初心者の方でも操作しやすいシンプルな操作性と、簡潔な機能がついているため必要最低限のRAW現像が行えます。

こちらのソフトよりSONYユーザーの方はCapture Oneという現像ソフトを無料で使用することができるので、機能は限られていますが、そちらのソフトを使用することをおすすめします。

PENTAX:Digital Camera Utility

PENTAX純正のRAW現像ソフト。
RAW現像を行う際に、ホワイトバランスや色調をいくつか用意されたモードで選択するだけで、自分のイメージに近い現像を行うことができるため非常に操作が楽です。

もちろん細かい設定を行いたければ色ごとの色調を変えたり、ノイズを消したりすることも可能です。

OLYMPUS:OLYMPUS Viewer

OLYMPUS純正の無料で使えるソフトです。
豊富なカスタマイズ機能を持ち、RAW現像の際に自分がよく使う項目を集めておくこともできるため作業効率化が簡単に図ることができます。

編集内容を児童に記憶してくれる機能なども充実していて、OLYMPUSを持っている方であれば十分なRAW現像を行うことが可能なはずです。

FUJIFILM:RAW FILE CONVERTER EX powered by SILKYPIX

FUJIFILMでは有料RAW現像ソフトとしても紹介したSILKYPIXから無料現像ソフトが提供されています。
基本的なRAW現像で必要な作業は直感的に行うことができ作業しやすくおすすめです。

サードパーティ製の無料RAW現像ソフト

これから紹介するソフトは、カメラを持っているメーカーでなくてもフリーで使用することができるサードパーティ製のソフトで、RAW現像を初めてやってみたい方の初めのステップとしておすすめできる無料RAW現像ソフトです。

Raw Therapee

無料で使えるフリーの現像ソフトの中で有名なのがこのRaw Therapee。
アップデートが頻繁に行われ、操作性や機能が十分に充実していて、初めてRAW現像のフリーソフトを使う方におすすめのソフトです。

フォルダー管理や、ファイルの操作も感覚的に行うことができ、このソフトを使ってみてから有料の現像ソフトに進むのも良いでしょう。
私の学校のカメラの授業での現像にはこのRaw Therapeeを使っていました。

まとめ

今回はおすすめのRAW現像のソフトを無料から有料まで様々なものを網羅的に紹介しました。

RAW現像をうまくできるようになると、自分の表現できる写真の幅が広がり、自分色の写真を撮ることができるようになります。
みなさんも自分に合ったRAW現像ソフトを見つけて新しい写真の表現を見つけていってみてください。

写真好きな方、これから写真を始めたいと思っている方の参考になると幸いです。

以上:おすすめのRAW現像ソフトまとめ【無料のフリーソフトから有料まで】でした。