ブログで副収入を得る方法を無料公開中

TOEFL iBT ライティングの勉強法とおすすめ参考書

TOEFL iBTでは英語の試験では珍しい「ライティング」があります。
しかしTOEFL iBTのライティングの試験においては、対策をすることでしっかりと高得点を狙っていくことができます。

そこで今回はTOEFL iBT対策としてライティングの勉強法を紹介していきたいと思います。

TOEFL iBTライティングのテスト形式

TOEFL iBTのライティングのテストは50分間で、2つの問題に答えることになります。

そこで2つの問題”Integrated Writing“と”Independent Writing“について解説していきます。

1問目:Integrated Writing

1問目の問題はIntegrated Writing(統合問題)です。

初めに230〜300wordsの学術的なトピックに関係する文章を3分間で読みます
その後、文章は消えてしまうため、メモを取ることが許されています。

その次に、初めに読んだトピックに関係するリスニングをすることになります。
同じトピックですが、違う観点からの意見なので注意が必要です。
リスニングは230〜300words、2分ほどの長さです。

リーディングとリスニングが終了したら、リーディングのキーポイントと絡めて、リスニングの大事な部分を要約します。
ここでは20分間で150〜225wordsのライティングが求められますが、指定の文字数を超えてしまってもペナルティはありません。(少ない場合はある)

2問目:Independent Writing

2問目の問題はIndependent Writing(独立問題)です。

Independent Writingは与えられたトピックにおいて、30分間で自分の意見をessayで書きます。
この場合はほとんど賛成反対、またはどちらかの意見に立って理由や根拠を織り交ぜながら書いていく必要があります。

文字数は300字以上が求められ、500文字ほどを書くことで高得点を目指すことができると言われています。

TOEFL iBT ライティングの勉強法と対策

ライティングの勉強をする際に効果的な勉強方法としてはテンプレートを使用するという方法があります。

事前にある程度TOEFL iBTのライティングの際に使用する「型」を持っておくことで本番で迷わずにライティングを進めていくことができるようになります。

テンプレートはネットで探せばいくらでも探すことができますが、ここではテンプレートを紹介しているサイトをいくつか紹介します。

Writingテンプレート例

参考

TOEFL Writing TemplatesTOEFL Resources

このサイトではIndependent Writing、Integrated Writing両方のテンプレートを1つのテンプレートで対応させていて、テストまで時間がない方や、ライティングに時間を割けない方でも楽に覚えることができます。

参考

The Best TOEFL Writing Templates for Any PromptPrepScholar TOEFL

このサイトではTOEFL Writingテストの問題に対して、どのように書くことが望ましいか、どういうワードを使って書けばよいのかを丁寧に解説し、それぞれのパラグラフにおいてのテンプレートを公開しています。

TOEFL iBTのライティングをしっかりとし、高得点を目指したい方はこのサイトをじっくり読んで理解を深めましょう。

TOEFL iBTライティングのコツ

自分のテンプレートが決まったら実際に問題を解きながら、スムーズに型にはめながらライティングを行う練習をしましょう。

公式問題集やTOEFLの問題集を使うことで効率良く勉強を行うことができます。

ライティングにおいて心がけることとしては、文法のミスや、スペルミスを極力なくすことです。
英語の基礎を見直しながら、減点されることのないようにチェックしながらライティングを行いましょう。

まとめ

今回はTOEFL iBTのライティングの対策として、テンプレートを使用した勉強法を紹介しました。
ライティングはしっかりと対策することで短時間でも点数を伸ばすことができます。

高得点を目指す方や、留学のために点数が必要な方は一番初めにTOEFL ライティングの型を作ってしまうことで勉強がスムーズにいくでしょう。

他にもTOEFL iBTの勉強法を紹介しているので参考にしてみてください。

以上、TOEFL iBT ライティングの勉強法とおすすめ参考書でした。