ブログで副収入を得る方法を無料公開中

新発売GoPro HERO6の機能・HERO5との違いは何?

2017年9月29日にGoProの新機種であるHERO6の販売が開始しました。

見た目はHERO5と違いはありませんが、スペックが大きく進化しています。

今回はGoPro HERO6の機能、そしてHERO5との違いを紹介して行きます。

機能1:なんと言っても最高の画質

 

まず違いとしてGoPro HERO6では完全に新しいGP1チップを採用しているため、従来のHERO5と2倍のパフォーマンスを実現しています。

そしてビデオ画質が素晴らしく進歩しました。
1秒あたりにシャッターを切る回数(フレームレート)が4Kで撮る時に60fps(回/秒)という、HERO5の4K/30fpsと比べて倍になっています。

これにより4Kの滑らかで細かい映像を撮ることができるようになりました。

これはHERO5との大きな違いでもあり、アクションカメラにおいてもトップレベルです。


 

また手ぶれ補正も大きく進歩しているため、動画のぶれにもHERO5と比べても大きな違いがあります。

 

機能2:高画質なスローモーションが撮れる

 

まずはこちらのHERO6のスローモーション映像をご覧ください。


1080pにおいて240fpsのフレームレートで撮影できるため、滑らかなまま4倍のスローモーションを撮ることができます。

高画質なままスローモーションも綺麗に撮影できる機能によりGoPro HERO6の使い道もさらに広がります。

機能3:タッチズーム、音声コントロールが便利すぎる

 

GoPro HERO5から搭載された音声コントロールは今回も引き継いでいます。
例えば「GoPro ビデオスタート」と言うことでGoProが録画をはじめてくれます。

この他にもHERO5と違う点としてタッチズームがあります。
タッチーズームは設定画面を開かずに、GoProの撮影画面からズームを行うことができる機能です。

このタッチズーム、そして音声コントロールがついたことによってスポーツをしている時などに、ボタンを押さずにとも簡単に思い通りに動画を撮影できるようになりました。

機能4:ナイトシーンにも使える

 

GoPro HERO6では優れた低光量性により夜間の撮影も簡単に行うことができます。
様々な場面での撮影の機会が広がっているのもHERO5との違いでしょう。

 

機能5:水中ももちろん大丈夫

これはHERO5との違いはありませんが、GoProの売りの一つである水中撮影の機能はそのまま残っています。

ケースがなくても水中10メートルまでの防水に加え、ハウジングを使用することによって水深60メートルまで撮影を行うことができます。

また今回のGoPro HERO6の発売を受けて水に浮かせることができる

 

機能6:WiFiの高速転送の実現とHDR撮影

 

今までのGoPro HERO5との違いとしてWiFiの転送スピードが上昇したことがあります。

今回のHERO6はスピードの早い5GHzというのを採用したため、今までより動画を保存や送信するスピードが早くなりました

またHDR撮影という、露出レベルの異なる複数枚の写真を一枚に合成する撮影が行うことができ、肉眼で見ている風景に近いイメージの写真を撮ることができるようになりました。

MEMO
バッテリーに関しては変化はありませんか、HERO6の機器によって数分持ちがよくなっているようです

 

GoPro HERO6は画質、機能もおすすめのGoPro

HERO6はHERO5と同じデザインで違いがなさそうですが、機能は大きく進化しています。

現在発売されているGoProでもっともおすすめできるGoProであることは間違いないです。

GoProの機種をおすすめ順に紹介した記事はこちら

【最新】GoPro(ゴープロ)おすすめ人気ランキング【比較】

 

以上:新発売GoPro HERO6の機能・HERO5との違いは何?でした。