ひきこもらず大学生

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもらず大学生

大学生に向けた記事、英語に関する記事、僕が面白いと思った記事をあげています

学生は生協とかツアーで海外旅行するなんてやめとけ!

f:id:chibogaku:20170106211733p:plain

 

大学生にもなると、休みの時間を使って海外旅行に行くこともありますよね。

まわりを見てみると、学校の生協のパンフレットを見てどこに行くかを決めている人を多くみかけるけど、ぼくから言わせれば「もったいない!」。

そこで今日は海外旅行に安くいく方法と、自分で計画することのメリットを書いていきます。

格安航空券の存在

f:id:chibogaku:20170106213211p:plain

 

LCCという言葉は今では普通に聞くようになりましたね。
知らない人にいうと「Low Cost Carrier」の略でいわゆる格安航空会社です。

学生だからサービスの質にはこだわらない

食事がでなかったり、サービスの量を減らすかわりに値段が安くすむというものです。
今では格安航空会社は数多く存在するため利用しやすくなっています。

年をとると狭い席がないとか、サービスの質とかを気にしてしまうかもしれませんが学生なら若さで楽勝で乗り越えることができます。

僕の場合タイに行った時は往復で3万円程度で済みましたね。

乗り換えも楽しめる

格安というだけあって、安くいこうとすると一回他の国で乗り換えをしなければいけない可能性があります。

でもこれ考えようによっちゃ、乗り換えを待ってる時間もう一つ違う国で遊べる!ってことなんです。

ぼくは春休みに友達とプーケットに行く計画では、クアラルンプール(マレーシア)で乗り換え時間が11時間くらいあって、明るい時間をまるまるマレーシア旅行を1日できるっていう予定を立てています。

どこで予約するの?

便利で安いのは分かった。次は予約ですね。


おすすめとしては、格安航空まとめサイト(トラベルコ)か、東南アジアに行く際にはエアアジアを利用することです。

宿が安くすむ

f:id:chibogaku:20170106213348p:plain

次に宿です。


ツアーとか生協の宿って誰でも安心して泊まれて、それなりのクォリティーがある誰からも非難されることが少ない宿ってことが多いです。

だから値段をもっとそこで抑えることができるんです。

しかしもっと安いやどはたくさんあるし、安くても安全で十分すぎるほど綺麗なホテルはたくさん存在します

ぼくが東南アジアを回った時は1日600円くらいの宿に泊まることが多かったですよ。(タイとかだと一人1000円だせば十分なところに泊まれます)

でもいくら安いといっても安全面とか清潔面とか気になると思うので探し方を教えていきます。

おすすめの宿泊場所探し方法

ぼくは大学1年間で海外を7カ国を周っていますが、探す方法はいつも同じです。

まず使うサイトがこれ!世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com


このサイトは世界中の宿を取ることができる有名なサイトです。
ここでおすすめの使いかたがあります。(重要)

  1. まず目的地、日付を入力して検索
  2. 絞り込み選択で自分の考えてる最大金額で絞る
  3. 写真、評価をみてホテルを決める

このステップを取ることが大事です。
ホテルを取る時には写真だけではなく、必ず評価を気にしましょう。

写真なんて綺麗に映ってるだけで現実は違うということもあります。
また、安全面やサービスなどはホテルの評価を見れば簡単に分かります。

こうした調べをしっかりすれば安心してホテルを取ることができます。

自由にホテルを取れる

こうやってホテル探しをすれば、最初の3日間はこのホテルをとって、残りの2日間は場所を変えて泊まってみよう!ってこともできます。

また上級者として、最初の2日間くらいのホテルだけとって向こうで気に入った土地の近くでホテルを予約するっていうことをするのも楽しいです。

ぼくは夏休みに1ヶ月間海外を旅した時は、最初の1日のホテルしか取らないでいきました。

さあ、旅にでよう!

f:id:chibogaku:20161220112417p:plain

こういったステップを取ることで、簡単に安く旅をすることができます。
またツアーと違ってどこに泊まって何をするかも自由です。

学生という大切な時間を使って旅するなら、移動費とか宿代にお金を使わないで、現地での経験や思い出作りにお金を使えたら楽しいですよね。

そういうことで今日は安く旅行する方法について書きましたが、「自分で計画して海外旅行をすることの楽しさ」もわかってもらえると嬉しいです。

 

 

(僕が旅をする影響を受けた本です)

 

こんな記事もかいてます!