ブログで副収入を得る方法を無料公開中

【保存版】TOEFL ITPの勉強法とおすすめ参考書8選(文法・リスニング・長文)

留学や、成績のためにTOEFL ITP試験のスコアが必要である人は多いと思います。

実はTOEFL ITPはきちんとした勉強法と参考書で勉強を進めれば簡単に点数を伸ばすことができるテストです。
しかし効率の悪い勉強法をしていては、なかなか点数を伸ばすことはできません。

そこで今回はおすすめの参考書を使ったTOEFL ITPの勉強法を紹介していきます。

 

TOEFL ITPで高得点を取る勉強法は?

まずはTOEFL ITPの勉強法とおすすめ参考書を知る前に、テストの基礎知識を知っておく必要があります。
TOEFL ITPのテストの形式をよく知ることは効率の良い勉強法につながります。

TOEFL-ITPではリスニング・文法・リーディングの3パートに分かれます。

セクション 問題数 回答時間 スコア
リスニング 50 35分 31〜68
文法 40 35分 31〜68
リーディング 50 115分 31〜67

という形式になっていて合計点は各スコアの合計の10倍を3で割ったものになります。

この図を見ても分かる通りTOEFL ITPではリスニング・文法・リーディングのそれぞれの点数配分がほぼ一緒です。

TOEFL ITP試験の勉強法において、一番点数を上げやすいのは文法セクションです。

なぜなら勉強してもすぐに点数があがりにくいリスニングやリーディングと同じ配点であるのに、TOEFL ITPの文法は対策をしてしまえは8〜9割を簡単に取ることができてしまいます

この文法を勉強する人の目安としては500点くらいです。
500点以下の人は、文法を学習して500点のボーダーに乗ることを目指し、それ以外の方は文法の正解率を高めつつ、読解、リスニングを上げていきます。

それでは早速TOEFL ITPの勉強法とおすすめの参考書を紹介していきます。

文法セクションの勉強法と参考書

f:id:chibogaku:20170213020105p:plain

まずはじめにTOEFL ITPで点数のあげやすい文法セクションの勉強法とおすすめの参考書を紹介していきます。

TOEFL ITPの文法の勉強法において必ずと言っていいほど使うべき参考書があります。
全問正解するTOEFL ITP TEST文法問題対策

TOEFL ITPの文法の効率のいい勉強法においてこの参考書は必須でしょう。

この参考書はTOEFL-ITPの文法対策のために作られていて、TOEFL ITPの文法問題を27パターンに分析してそれぞれの解き方を説明しています。

TOEFL ITPの文法では、ITP特有の文法問題が多く出題されます。
だからこそTOEFL ITP対策をしているこのおすすめの参考書を使うことで、効率よく勉強を進めていくことができるのです。

TOEFL ITPの勉強を始める人はこの参考書を使って勉強をしていきます。
勉強法の手順はこちら

  1. まずは参考書を1周解きながら解説を読んで理解する
  2. 次は問題を読みながら間違えた箇所を自分で解説できるまでやる
  3. 3周目は間違えた問題にチェックして、間違えたところを正解するまでやり直す
  4. 3を何度もやる

この勉強法を続ければTOEFL ITPの文法セクションにおいて8割から9割はスムーズに正解できるようになるでしょう。

頑張れば1日1周も余裕なので本気を出せばあっというまに文法セクションは攻略できてしまうでしょう。

勉強のコツ
参考書の勉強法のコツは解法パターンの文法の型を意識しながら解いていくことです。
そして間違えた問題も即座に解法が思い浮かぶレベルにまでやりこみましょう。
もう既に文法がある程度取れる人や、上の参考書をやりきった方におすすめの参考書はこちら
全問正解するTOEFL ITP TEST文法問題580問

こちらの参考書でTOEFL ITP文法セクションの正解率を9割から満点近くにまであげましょう。

勉強法については上記で紹介したものと同様に行ってください。

TOEFL-ITPについては文法セクションが一番点数をあげやすく、満点近くを狙うことができます。
文法を得意分野にすることはTOEFL ITPの一番の勉強法であり、高得点に近づく最善手と言えるでしょう。

文法の参考書は繰り返し解いていくことによって苦手がなくなっていきます。このおすすめした2冊が終わってるころには実力がついていることを実感するでしょう。

また、自分の実力がまだTOEFL ITPのレベルに達していないと思う人は、こちらの記事を参考に基礎の文法と単語を終わらせてください。

リーディング(長文)セクションの勉強法と参考書

f:id:chibogaku:20170213020150p:plain

次に、リーディングセクションの勉強法を紹介していきます。
リーディングセクションでは、55分の制限時間の中で5題の文章を解く必要があります。

そのためには1題を10分くらいで解く力を身につけていきましょう。

読解セクションの勉強法として一題が300字から350文字のため、5分以内で読み解く力をつける必要があります。

この勉強法では文法と同じくまずはITP形式の参考書にそって勉強していくことをおすすめします。
TOEFL ITPリーディングに関してのおすすめの参考書この2冊。

TOEFL ITPリーディングの勉強法の順番はこちら

  1. 初めの1回は普通に問題を時間を測って解く
  2. 分からなかった単語や構文をノートにまとめる
  3. スムーズに読めるようになるまで何度もリーディングを繰り返す

この勉強法を繰り返していくことで確実にリーディングの力が伸びていきます。

勉強法のコツ
TOEFL ITPには頻出する単語があるので、分からない単語や構文をノートにまとめることで、効率よく必要な知識を身につけていくことができます。

これらのおすすめの参考書が終わってしまったら、単語を覚えたり過去問を通して勉強をしていきましょう。

大事な勉強法として、一度間違えた問題は素通りするのではなく、なぜ間違えたのかを理解し、二度目では間違いがなくなることを確認してください。

単語帳に関してはITP iBTの区別はありませんが、こちらを利用するのがおすすめです。
とても見やすく、例文、音声もついているため覚えやすいです。

TOEFL ITPの単語を覚えることはリーディングセクションだけでなく、文法やリスニングにおいても重要なので単語はしっかりと勉強時間をとって勉強しておきましょう。

リスニングセクションの勉強法と参考書

f:id:chibogaku:20170213020239p:plain

そしてTOEFL ITPにおいて一番上げるのが難しいのがリスニングセクション

リスニングに関しては少しずつ上達していくものなので、勉強法というよりは地道に勉強をしていくということしかありません。

そこで最初に点数を上げられる方法としては
問題形式を知り、自分はどこに注意してリスニング問題を解いていくか
を決めていくことが大事になってきます。

おすすめのコツとしては、回答を出したらすばやく次の問題を読み始めることです。

そしてリスニングを勉強する上でのおすすめ参考書はこちら
TOEFL ITP TESTリスニング完全攻略

この参考書がtoefl itpのリスニング勉強において、とにかくおすすめです。

こちらの参考書はITP向けの参考書であるのにボリュームがあり、これをやりきることでTOEFL ITPレベルには十分の実力をつけることができます

この参考書を地道にシャドーイングなどを続けていくことができればリスニング力がつくことが期待できます。

リスニングに関しては普段から英語を聞き続けることが大事になってきます。
電車に乗ってる時、歩いてる時、リスニングはいつでも出来ます。

隙間時間を徹底的にリスニングに使って点数をあげる努力をしていきましょう。

TOEFL ITP勉強法 発展編

これまで紹介した勉強法を行うことでTOEFL ITPにおいて十分に高得点を取ることができるでしょう。

そしてこれらの力をさらに発揮するためには過去問にはしっかりと取り組みましょう。
これまでの勉強を実際にテストで発揮できるようにしなければいけません。

過去問で問題に慣れ、問題形式がわかり、時間配分を事前に考えられているのといないのでは全く違ってきます。

過去問で使うおすすめの参考書はこちら!
TOEFL ITPテスト公式テスト問題&学習ガイド

CD ROM付 完全攻略!TOEFL ITPテスト 模試4回分

模試を解く際には実際に時間を計り、本番と同じペース、同じ解法で解くようにしましょう。
ここまでしっかり勉強することができれば600点も超えることが可能です。

これらの紹介したおすすめの参考書を丁寧に繰り返し行うことで結果に表れます。

まとめ

今回はtoefl itpの勉強法、そしておすすめの参考書を紹介してみました

TOEFL ITPを勉強している人の参考になれば幸いです。

他にもTOEFL ITPに関する記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です