ひきこもらず大学生

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもらず大学生

大学生に向けた記事、英語に関する記事、僕が面白いと思った記事をあげています

アメリカ旅行や留学におすすめなSIMカード5選

旅行 旅行-海外旅行

f:id:chibogaku:20170130141108p:plain

 

海外旅行に行く際に、スマホが使えるのは便利ですよね。

最近は海外旅行に「シムフリー携帯」や「ポケットWIFI」は必須アイテムになってきています。

アメリカに行く際にはシムフリーカードは日本で購入して、シムカードを向こうに持っていくことをおすすめします。(アメリカでも買えますが設定が面倒だったりします)

そこで今日はアメリカで使えるシムフリーカードを紹介していきます。

 

シムカードの種類

f:id:chibogaku:20170130141457p:plain

 

SIMカードの種類には7日間、14日間、30日間用、そして通信料が500GB〜と数多くの種類が存在します。

 

そこで期間と通信料が少ない順から紹介していきたいと思います。

 

7日間 500MB

アクチベーションは7850宛に米国ZIPコード(ホノルル国際空港は96818、ロサンゼルス国際空港は90045等)をSMS送信するだけ
アメリカ現地のローカル電話番号が割振られるのでタクシーやレストランの予約に便利です。
滞在するホテル等のZIPコードを事前に調べておくと便利です。
8分以内にZIPコードを送信しない場合にはランダムな電話番号が自動で割振られます。
日本国内で端末にZIP SIMをセットしてもアクチベーションできません。

 

このSIMカードは日本語のマニュアルも付いているため、安心して使うことができます。

アメリカについた際にこのSIMカードを入れて、ZIPコードを送信することで使えるようになります。

 14日間 500GB

こちらは14日間(2週間)使うことができて、通信料が500GBまで使うことができます。
ラインで連絡を取ったり、たまにGoogleMapを見る程度ならこれで足りるでしょう。

 

 14日間 1GB

次に紹介するのは14日間で1GBタイプのものです。

ツイッターやインスタグラムを使おうと思っている人はこちらのタイプの方が安心して使うことができると思います。

 スポンサーリンク

 

21日間 1.5GBタイプのもの

3週間タイプで1.5GBのものです。
多く携帯を使う人は通信量を増やすか、上記タイプのものを何回かに分けて使うのも1つの手だと思います。

 

30日間 2GB

30日間で2GBタイプのものになります。
これは長期休みなどに1ヶ月アメリカに留学する人におすすめのタイプです。

そんなに携帯は使わないけど、ラインで日本と連絡を取ったり、アメリカでできた友達とfacebookの交換をする際に役にたつと思います。

 

まとめ

5つシムフリーの紹介をしましたが、自分の旅行や留学にあうタイプのものを選んで使ってみましょう。

また通信料がなくなってしまっても、現地でもシムフリーや、ポケットwifiを借りることもできるので(手続きができる人であれば)そんなにどれにするかを気にする必要もないと思います。

またSIMカードはとても小さく大事なものなのでこのようなケースを活用するのも良いと思います。

自分は東南アジアをバックパッカーした際に5カ国のSIMカードを持ち歩いていたので管理が大変でした笑

 

SIMカードを手に入れて快適な旅にしちゃいましょう。