ブログで副収入を得る方法を無料公開中

恋愛工学って?恋愛には方法論がある?「僕は愛を証明しようと思う」【書評】

最近本を頻繁に読むようになって、
その中でも「コミュニケーション」の分野に感心を持つようになった。

大学で英会話を中心に勉強しているのもあって、
人とのコミュニケーションの取り方という点が本を読んでいて興味をもてる。

そんなとき、友達がお勧めとして本を紹介してくれた。
「僕は愛を証明しようと思う。」

恋愛工学のバイブルの本だよって言われたけど
そもそも恋愛工学って何?って状況だったから読んだ感想と考察を書いていくよ

恋愛工学って何?

f:id:chibogaku:20161211151057p:plain

恋愛工学っていうのは、恋愛もテクノロジーとして考えようっていう学問分野のことで、

「恋愛も勉強と同じで効率良く攻略していくべきものだ」
っていう考えのこと。

要するに最小限の努力で最大限の成果を得るべきであり、それには方法論があるっていうことらしい。

多分ほとんどの読者と同じでぼくも

f:id:chibogaku:20161211151250p:plain「は?なにそれ?」

って意見だったけど、とりあえず400ページのこの本を読んでみることに。

モテる人はモテる

f:id:chibogaku:20161211152005p:plain

身の回りでもこんな経験はないですか?

かっこ良くもないのに、モテる奴はとことんモテるのに
同じような人でもモテない人は、とことんモテない。
っていう状況。

 学生生活でも一途な真面目な人よりは、ちょっと不良ないっぱい女の子と遊んでそうな男子の方が人気だったりするのはこういうことなのかな?

この本はかっこいいからモテるっていう訳ではなくて、その人が単に女性からモテているからモテるんだって意見を主張している。

だからその非モテのサラリーマンが、モテるサイクルに入るべく師匠に教えをもらっていくっていうのがこの本だ。

スキルの紹介

ここで本で紹介されているスキルの一部を紹介していこう。

友達は友達にしかならない。

最初に女性と知り合ったときに仲良くなるために友達のように接するんじゃなくて、恋愛対象になりうることを漂わせることで恋人として意識させることができるんであって、

友達を目指してしまったら相手に友達だと思われてそのまま進展がないというオチになってしまうということ。

目を合わせることで好感をもたれる

これは恋愛だけではなく会話の基本的なことではあるが、やっぱり目を見て会話できる人は交換を持たれやすいということ。
これは恋愛関係なくコミュニケーションにおいて大事だ。

「イエス」を繰り返し言わせる

これは繰り返し質問で「はい」という肯定的なことを言わせることで、何かに誘う時の答えでも「はい」と答えてもらえる確率が高くなるというもの。

これはコミュニケーションの技法としては有名なもので、ビジネスの場でも多く使われることがある技法だ。

ミラーリング・反復

これも技法としては有名。
相手がとる仕草や、頻繁に使う言葉をさりげなく真似することで相手に交換をもってもらえるということ。

例えば相手が水が飲んだタイミングで、自分も水を飲むことなどで実践できる。

反復もこれに似ていて、相手がいったことを繰り返し自分もいうという技術だ。
超簡単にいえば
「私ビール好きなんだ。」

「ヘ〜ビール好きなんだ。」的な

自分の恋愛

f:id:chibogaku:20161211152333p:plain

ぼくは日本では男子校に通っていたしそこまで恋愛をしてきたわけではないんだけど、海外でこういう体験がある。

僕は今までフィリピン人、タイ人の彼女がいたことがあるけど、外国での彼女が海外にいってすぐに作れてしまったことから「自分ってそこそこ東南アジアでいけるんじゃね?」って思ってから声をかけられることが増えた。

だからフィリピンに留学行った時も、東南アジアにバックパッカーにいったときも意外とモテた。

これは恋愛工学でいうところのモテる人はモテる理論なのかな。

楽しいの?

f:id:chibogaku:20161211152909p:plain

 

ここまで恋愛工学について書いてきたけど、
「恋愛工学なんか気にしてて恋愛して楽しいの?」
って疑問が残る。

好きな人に対してこんな心理戦を使って落としたところで何か罪悪感も残ったり、本当の恋愛じゃない気がする。

この本の話もどっちかっていうと彼女を作る目的というよりは、
「ヤリ○ン」になることを目的としている。

だから恋愛工学っていいながら、女性と体の関係を持つためとか多数からモテたい人が学ぶものあって、本当に好きな人がいるときに読むべきものではないと思う。

話し方としての恋愛工学

恋愛工学には反対意見もあるけれど、実際にためになることは多くある。

例えばコミュニケーションをとる上で相手と円滑なコミュニケーションをとるためのスキルなどは多く参考になる。

例えば「相手にイエスと言わせる」方法などは、
D・カーネギーの「人を動かす」でも紹介されている。

だから恋愛工学とかこの本は

  • とにかくモテたい
  • 始めての人と仲良くなる方法を知りたい
  • ナンパ術を学びたい

って人にはとてもいい参考書になると思う。

僕はコミュニケーションの取り方って意味では多くを得ることができました。
今回は「僕は愛を証明しようと思う」から思ったことをかいてみました。

ではでは!

ツイッター始めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です