ひきこもらず大学生

ひきこもらず大学生

大学生に向けた記事、英語に関する記事、僕が面白いと思った記事をあげています

ライブで使えるペンライト・サイリウムのおすすめ5選を紹介!

f:id:chibogaku:20170620235608j:plain

ライブに行く際にペンライトやサイリウムがあると、みんなと一体になって盛り上がることができますよね。

そんな時に悩むのが「どんなペンライトやサイリウムを選べばいいのか」ということです。

そこで今回はライブで活躍するおすすめのペンライト・サイリウムをそれぞれの使う場面や機能を詳しく分けて紹介していきます。

 

ペンライト・サイリウムの特徴と選び方

f:id:chibogaku:20170621001713j:plain

おすすめのペンライト・サイリウムを紹介する前に、ペンライトとサイリウムにも種類があるので特徴と選び方を紹介していきます。

まずペンライト・サイリウムを選ぶ際には

  • 単色、複数
  • 使い捨て、何回も利用可能

を決める必要があります。

複数が参加するライブや、曲によって応援するメンバーによって色を使い分ける必要がある場合には複数の色のペンライトやサイリウムを用意する必要があります。

またライブでのペンライト・サイリウムの色が決められている場合、1つしか色が必要ない場合には単色のサイリウムを利用することをおすすめします。



複数色のペンライト・サイリウムを利用する場合は

  • 1つで何色にも変えられるもの
  • 単色のライトを複数持っていく必要があります


複数の色に変化できるものの方が価格は高く、サイリウムの方がペンライトよりも安い傾向があります。

それではおすすめのペンライト・サイリウムの紹介をしていきます。

 

おすすめの複数色ペンライト

1、キングブレードX10III Neo シャイニング


複数色のペンライトでおすすめするのは「キンブレ」とも呼ばれるキングブレードです。

キングブレードのおすすめのポイントは

にあります。

そしてこの最新モデルである「キングブレードX10III Neo シャイニング」には、
デフォルトで15色が搭載されて、さらにアプリと連動することで自分の好きな色、明るさ、配色順を変更することができます

色を自分で決められるだけでなく、光る順番も決めることができるため事前にライブにあった順番に設定しておくことができます。

このように自分で色を組み替えることができ、

f:id:chibogaku:20170621004249j:plain

自分の好きな色、明るさを作ることができます。

f:id:chibogaku:20170621004258j:plain

ペンライト「キングブレード」のアプリのダウンロードはこちら

KingBlade
KingBlade (無料)
(2017.06.21時点)
posted with ポチレバ

またキングブレードシリーズのおすすめの点としてボタンが下についているため、ライブの最中にボタンを押してしまって色が変わってしまう危険がありません

ライブのことを考えられたおすすめできるペンライトになっています。

 このようにどのライブにもおすすめすることができるペンライトです。

 

キングブレードX10IIIの詳細を見る 》

 

2、Led ペンライトWskyコンサートライト

続いておすすめするのが「ペンライトWskyコンサートライト」です。

キングブレードX10IIIほどの機能はいらないから、安くて多色に光るペンライトが欲しいという人におすすめします。

カラーに関しては

赤→2.緑→3.青→4.ホットピンク →5.白→6.黄→7.ライトブルー→8.ライトグリーン →9.紫→10.オレンジ →11.ライトピンク→12.ヴァイオレット →13.ライム→14.ターコイズブルー→15.ホットピン

 
となっています。

価格も1000円代とお手頃でライブに行くことがめったにない人にとってもおすすめなモデルです。

単四電池3本と、25cmの仕様になっています。

ボタンも下についていて使いやすさも抜群です。

 

ペンライトWskyコンサートライトを見る 》

 

3、キングブレードX10II Neo シャイニング

 こちらのキングブレードは最初に紹介したものの前のモデルです。

アプリとの連動がなくなり変わりに価格がやや安くなっています。

またhot buttonがついていて、いつでも登録した色に簡単に戻すことができるためメインの色が決まっている人にはとてもおすすめできる機能です。

キングブレード安定の発色をしてくれて、ライブ初心者にも非常におすすめできるペンライトです。

 

キングブレードを見る 》

 

おすすめの単色のペンライト

キングブレード iLiteシリーズ

単色のペンライト・サイリウムでおすすめしたいのが「キングブレードiLiteシリーズです。

このペンライトは単色であるため、シンプルで安いモデルになっています。

自分が行くライブで使うペンライトの色が1色である場合はこれを購入するのをおすすめします。

ここで注意が必要なのがメインの色があるものの、曲によって色が変わるアーティストなどがいる点です。事前にペンライトの色をチェックしておきましょう。


綺麗な発色で軽量のおすすめペンライトです。

キングブレードの各色のリンクを付けておきます。

以上の11色があります。

ライブ初心者で1つの色のペンライトを探している人には最もおすすめできる商品です。

こちらのペンライトはLR44というボタン電池が3つ必要になります。

LR44電池のおすすめはこちら

単4電池と間違えないようにしましょう。

 

キングブレードiLiteを見る 》

 

おすすめのケミカルライト

ケミカルライトは使いすてで何度も使えないものの、価格が安く、明るさが明るいのが特徴です。

そしておすすめの購入方法はまとめ買いすることです。
持続時間が短いことと、ライブに友達も行く際に用意してあげると安く一緒に楽しめます。

 

ルミカライト

 こちらのルミカライトは折った直後にすばやく明るくなります。
時間が経つにつれて暗くなってくるのでライブには数本持っていくことをおすすめします。

また、学祭などのライブで配るにも1本の価格が安くおすすめできます。
1本あたり100円ほどです。

100円ショップなどで売っているものはうまく光らないものなどがありますが、これは安心して使えるケミカルライトになっています。

ペンライトほど高価なものは使えないけど、安く楽しみたい人におすすめできる商品です。

ルミカライトのカラーバリエーションはこちら

 
このようにカラーバリエーションも豊富で好きな色が探せるのもおすすめの点です。
電池も必要なく、持っていくだけで何も準備しなくてもよいのもいいですね。

 

ルミカライトを見る 》

 

ペンライト収納バックのおすすめ

 こちらのライブバックは「痛バッグ」とも呼ばれ、ペンライトを入れることができ、チケットなども収納できるライブ向きのバックです。

このように9本のペンライトが入れられる仕様になっています。

f:id:chibogaku:20170621131458p:plain

他にもウェストバッグ、カラビナ吊り下げ、ショルダーバッグの3つの使い方をすることができるのもライブの最中に邪魔にならずにおすすめ。

f:id:chibogaku:20170621131539p:plain

そしてチケットや、推しメンのシールなどを入れることができるのもライブで盛り上がれます。

色も多数から選べるのでライブに合わせた色を持っていくことができます。

f:id:chibogaku:20170621131703p:plain

いざライブに行くと荷物が邪魔になったり、チケットの管理、ペンライトの収納場所に困ったりしますが、こういうライブ用のカバンが1つあると疲れにくくストレスなくライブを楽しむことができるため非常におすすめできます。

 

ペンライト収納バッグを見る 》

 

ペンライト・サイリウムのおすすめの電池

ペンライトを長時間使ったり何回もライブに行っていると電池の消費をたくさんします。

そのためペンライトには充電池を使用することをおすすめします。

おすすめの充電池はこちら

 繰り返し充電ができ、価格も1000円以下ととても安くおすすめできる充電器です。
自分の使っているペンライトの電池の種類を確認してから購入するように注意しましょう。

 

充電池をチェックする 》

 

まとめ

f:id:chibogaku:20170621135530j:plain

今回はライブで使えるおすすめのペンライト・サイリウムを紹介しました。

ペンライトを持っていけばライブの人たちと一体になってライブを楽しむことができます。

ライブの種類や、応援する人によって必要なペンライトやサイリウムは変わってくるので今回はおすすめをまとめてみました。

自分の行くライブの種類に合わせたペンライト・サイリウムを見つけてライブを楽しんでください!

それでは今回はこの辺りで!

以上:ライブで使えるペンライト・サイリウムのおすすめ5選を紹介!でした。