ひきこもらず大学生

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもらず大学生

大学生に向けた記事、英語に関する記事、僕が面白いと思った記事をあげています

英会話を勉強する人に覚えておいて欲しいこと

f:id:chibogaku:20161117174737j:plain

海外が好きだ! 旅行が好き!!

って理由で英会話を勉強し始める人はたくさんいると思う

 

僕も海外旅行が好きで英会話やりはじめた(αз-)

 

でも英語を勉強してるうちに、その本当の目的を忘れて

「英語を話せる自分」に満足してしまう人がいると思う

 

その人たちに言いたいことがあって今回の記事を書こうと思った

 

英会話を勉強してる人、しようと思ってる人には読んで欲しい!

 

英会話を勉強してる人

まず僕もこれに陥りそうになったけど、(陥ってたかも笑)

 

まず英会話を勉強し始めて

ある程度自分の意見が、日本語から英語じゃなくて

そのまま英語で出せるようになる時期がくるはず

 

そのレベルにくると、

「自分って英語を話せるんじゃない?」って思い始められる

 

そこで英語を話しているうちに、自分の英語力に酔いしれて

 自分の出せる限りの知識と流暢さで英会話をしようとしてしまう

 

でもこれって間違ってないか!?

英会話を勉強する本当の目的は?

まず、英語を話す目的は、

相手とコミュニケーションを取るためだったはず

 

そこで考えて欲しい

 

「もし片言の日本語の外国人と話すときに、持ってる限りの知識と流暢な日本語で会話する人がいるか?」

 

ぼくが言いたいのは

会話って相手のレベルに合わせることで成り立つものなんじゃない?ってこと

 

相手が片言の日本語を話すなら、自分もできる限り分かり易い単語と言葉で会話をしてあげるだろう

 

これは英語も同じよ!

 

例えば

「旅行先で、東南アジアに行ってホテルについた。

でもどうやら話してみると従業員より自分の方が英語をはなせるぞ。」

という状況があるとしよう

 

そのときに、

難しい単語、難しい文法で話そうと思う人いるかな?

 

相手のレベルに合わせるよね?

相手とコミュニケーションを取るために単語と単語を繋げた単純なもので会話した方が伝わりやすいこともあるはず

 

 

他にも日本人の前でスピーチをするとき

自分が英語を話せることをアピールするために、できるだけ難しい単語、難しい構文を使ってスピーチをしようとしてる人がいる

 

でも聞いている誰もが知っている単語で、理解してもらえるような簡単な文章で会話をする方が賢明なこともあるよね

英会話とはこうあるべきだ!

 

よく言われるように

本当に頭がいい人は、話し相手のレベルに合わせて話せる人

 っていうことは英語でも当てはまる

 

物事をわかりやすく説明してくれる先生と、難しい言葉を使って自分の博学さ見せつけるような先生、どっちがいいかなんて質問するまでもないし、

  

難しい単語、文法はもちろん相手の話を理解する上では必ず必要で勉強しなくてはならないけど、話す上においては必ずしもそれらを全部使う必要はないんじゃないかな

 

「whatで言えば、単語の最後のTは後ろの単語によってRの発音に変化して、リンキングだからRと母音がくっついて発音される」

は知ってる人には全然使っても構わないが、知らない人には普通に「ワット」って言えばいいやんって思う

 

だから英会話をこれから勉強する人は

相手とコミュニケーション、会話をとるため

に勉強しているってことを忘れずに覚えておいて欲しい

 

後書き

大学生活で英語が飛び交うような環境にいて、全くできない日本人もいっぱいいる

 

そんな中で、まるで「分からないのが悪い」と言ってるかのように英語を話してる人を見て

「それはちゃうやん」って思ってこの記事を書いてみました

 

英語は相手とコミュニケーションをとるためのものだし、相手と会話するために使うもんだと思う!

 

ここまで読んでくれた人ありがとう!!