ひきこもらず大学生

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもらず大学生

大学生に向けた記事、英語に関する記事、僕が面白いと思った記事をあげています

キューブボックス(格子)の棚を初心者がDIYで作ってみた!【作り方】

世間はクリスマスですが、そんなことは関係なく今日は棚を作ってみました。

自分の欲しい形の棚がなかったので、設計して木材を買ってきました。

そこで今日は作り方を紹介していきたいと思います。

f:id:chibogaku:20161224212731j:plain

欲しかったボックスのテーブル

今回は年末の模様替えで、自分の部屋の雰囲気を大きく変えたくて設計図を書いてみました。

f:id:chibogaku:20161224213346j:plain

f:id:chibogaku:20161211151250p:plain「ベッドの横に棚があったらいいなー」

ってことで調べてみたら1万とか2万とかするの、、

だからもう作っちゃえって思って設計図を書いてみました。

設計図

まず大元のデザインとしては、

Kimpa Lifeさんの誰でもできる!簡単でシンプルな格子の棚をDIYしてみた!

を参考にさせていただきました。

とても参考になるブログです。

作り方はKimpa Lifeさんの通りなんですが、大きさはぼくの場合は
28センチ四方のボックス型にして、階段のようにしたため少し違う設計をしました。

そこで簡単な設計図としてはこんな感じです。

f:id:chibogaku:20161224220231j:plain

ばらして、板の厚さを考えて長さを考える必要があります。
そのため今回はボックスの1辺が28cmで板の厚さを15mmと考えて、

  1. 605mm、28mm (一番上の部分)
  2. 590mm、28mm (階段の低い方の天井部分)
  3. 575mm、28mm を3つ (縦長の部分)
  4. 1195mm、 28mm (一番下のところ)
  5. 28mm、28mm を4つ(残りの短い部分)

が必要になりました。

準備するもの

    • 木材(上記)
    • ネジ (木を留められれば適当な長さで大丈夫です)
    • ダボ(6mm)
    • ダボ用の穴あけるやつ。
  • 紙やすり
  • 木工用ボンド
  • 金属板(補強金具)

くらいがあればできます。

手順

材料を買いに行く

設計が終わったらまずは材料を買いにいきます。
近くのホームセンターに行って材料をそろえました。

木材はなるべく安くすませたいため、1枚の大きな板(910mm,1820mm,15m)のものを購入して、1カット50円でこのように切ってもらいました。

f:id:chibogaku:20161224215535j:plain

3000円ちょっとだったと思います。

印をつける

まずはネジをつける部分に印をつけていきましょう。

 

そして今回の棚の横で板がつながる部分にはネジがつけられないのでダボを使用します。(青色の部分)

f:id:chibogaku:20161224222802j:plain

 

ダボをつける部分には穴を開けていきます。

f:id:chibogaku:20161224221512j:plain

ヤスリをかける

次にやすりをかけていきます。
今回はこのスポンジタイプのやすりを使ってみたのですがとても使いやすかったです。

f:id:chibogaku:20161224222155j:plain

 

組み立てながらネジ、ダボを入れていく

次に少しずつ組み立てながらネジ、ダボを入れていきます。
ポイントとしてダボを入れる際はボンドをつけてから差し込むと良いです。

f:id:chibogaku:20161224222518j:plain

形ができてきました。

補強具を使う

次に補強用の金属版をつかって補強しましょう。

今回はL字型と、T字型のものを使って補強しました。

完成

今回は4000円以内、半日という時間で作ることができました。
今までDIYもほとんどしたことなかったぼくでもここまで作ることができました。

f:id:chibogaku:20161224223222j:plain


順調に模様変え計画が進んでいってます。

 

こんな記事もかいてます。

アメリカンなDIY 自分の部屋を紹介!