ひきこもらず大学生

ひきこもらず大学生

大学生に向けた記事、英語に関する記事、僕が面白いと思った記事をあげています

英会話を上達するためにしてきた3つの方法

f:id:chibogaku:20170411135314p:plain

英語を勉強してるのになかなか英語が話せるようにならないって人いませんか?

英会話は日本での勉強でも伸ばすことができます。
そこで今回はぼくが今まで行ってきて効果があった勉強法を紹介していきたいと思います。

1.スカイプ英会話で毎日30分英会話をする。

f:id:chibogaku:20170410192031j:plain


英会話の上達を考えた時、やはり一番いい方法は実際に外国人と話すことです。
そのため少しの時間でも英語を教えてくれる人と話すことが大事になってきます。

そこで是非紹介したいのが「スカイプ英会話」です。

スカイプ英会話なら毎日マンツーマンの30分とか50分の授業を、月に数千円っていう安い金額で受けることができます。
将来の英語に投資するのであれば安すぎるくらいでしょう。

もちろん英語が全然話せない状態からでもやさしく教えてくれます。
むしろ英会話初心者ほどこのスカイプ英会話でぐーんと英語力を伸ばすことができます。

この30分を毎日習慣にできれば自然と会話に対する壁を簡単になくすことができます。

スカイプ英会話のいいところとして、自分の好きな時間にたった30分時間があれば始められてしまうということです。


そして今なら無料で「スカイプ英会話」の体験をする受けることができます。

英会話を頑張りたいと思ってる人は、どんな感じかを知るためにも、少しチャレンジしてみるにも是非この無料体験の機会を使って試してみてほしいです。

DMM英会話を無料体験する

 

25分のレッスン2回分が無料で受けられます。
無料体験の今、試してみてできるかどうか決めてみてください。

スカイプ英会話の詳細を見る 》

 

2.英語で作文をしまくる。

f:id:chibogaku:20170411142159p:plain

英会話をする上で日本人に最も足りていないことは、英語を作文する量です。

ここでオススメする方法が「独り言」です。

「え、そんなのでいいの?」って思ってる人もいるかもしれませんがぼく自身これが一番英会話をする上で役にたったと感じます。

電車にのっている時、家で一人でいる時、散歩してる時に「目に見えたもの、頭の中で考えているもの」を英語で作文してみましょう。

わからない表現があったら直ぐに調べて使えるようにしていくことで段々と作文を即座にする力がついていき、英語で考え英語がでてくるようになる「英語脳」を作ることができます。

また英作文を教材を使って行うのであれば、「瞬間英作文」が非常に役に立ちます。

この教材を使うことによって簡単な英作文を大量に行うことができ、作文をするスピードが格段にあがります。
この本を繰り返し繰り返し行うことで、作文の例が頭の中にインプットされて自然と口から英文が出てくるようになってきます。

 

3.ヒアリングマラソンをする。

f:id:chibogaku:20170213020239p:plain


みなさん1000時間ヒアリングマラソンというものを知っていますか?

ヒアリングマラソンは「アルク」の通信教材で、
日本にいながら海外で生活しているかのように英語独特のリズム、スピードを体に染み込ませ、英語を英語のまま理解することができるようになるためのコースです。

1000時間のリスニングを目標としていて
毎月リスニングに飽きさせないための工夫のされた教材が届きます。

しかし、毎日数時間をリスニングに費やす必要があるため、本気で英語を頑張ろうと思う強い意思がない人にはおすすめ出来ないです。

ヒアリングマラソンに興味があって、英語の上達を本気でやっていきたいと思う人には最適な教材です。

 

1000時間ヒアリングマラソンの詳細を見る 》

 

まとめ

f:id:chibogaku:20170326202324p:plain

こういったことをしたいのに出来てない人に足りないものは英語力ではなく、「 行動力」です。

自分から動くことでいくらでも可能性はまっているので思い切ってチェレンジしてください。

 今なら英会話無料体験実施中! DMM 英会話

 

1000時間ヒアリングマラソン

 

今回は英会話を上達するためにしてきた3つの方法を紹介しました。