ひきこもらず大学生

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもらず大学生

大学生に向けた記事、英語に関する記事、僕が面白いと思った記事をあげています

今までの恋愛映画とは違う!「溺れるナイフ」を見た感想と評価

雑記 雑記-映画

今日公開日の映画「溺れるナイフ」を見てきました。

 

今までの恋愛映画とは一線を画すような映画でした。

今回はその「溺れるナイフ」の感想と評価について書いていきたいと思います!

f:id:chibogaku:20161105234358p:plain

 

溺れるナイフとは

映画情報

[予告編]

www.youtube.com

あらすじ

東京で雑誌の人気モデルだった望月夏芽小松菜奈)は父親の故郷である浮雲町に引っ越すことに。そこで自由奔放に過ごす長谷川航一郎コウ 菅田将暉)に出会う。

彼の不思議な魅力に魅かれる夏芽と、また夏芽に魅かれ始めるコウ。

そんな二人はうまくいくはずだったが、夏祭りの夜に事件が起きる....

感想

この映画は原作の漫画を読んでいないため変な先入観を持たずにみることができたが、

最初にいえるのは「こんな恋愛映画は初めてだ。」ということ。

たしかに二人が魅かれていって恋に落ちるのだが、思いを伝えられないもどかしさのある恋愛ではなく、二人が二人の思いをぶつけていく恋愛です。

 

そして4人のメインのキャラクターの菅田将暉小松菜奈重岡大毅、神白石萌音の演技力もすばらしいし、それぞれのキャラクターの個性がしっかりとでている

 

また映画の全体としては展開が少し早いなと感じることがあるものの、映像が美しく独特の世界観を感じることができました。

 

評価

見た人の評価としては2極化しているみたいで、

原作ファンにとっては話の展開がはやすぎて原作の味が出せていないと感じることがあるみたいです。

 

しかし原作を見ていない僕からすると、漫画からここまでの映画をよく作り上げられたなと監督の力量がすばらしいと感じるし、ちゃんと独特の映画の味がだせていると感じた。

 

映像の美しさ、そして自由奔放に生きるコウのかっこよさ、自分の意見を思いっきりぶつけあう二人、またコウと夏芽に思いをよせる二人の友達の人間味がとても惹きつけられました。

 

それぞれのキャラクターがしっかりしているし、話の展開、映像の見せ方まで今年見た映画ではダントツでいいなと思った映画でした

 

 この映画を見るにあたっては原作を読まずに、恋愛映画というよりは、

一人ひとりの生き様、人間の強さや脆さ、 それぞれの思いがぶつかり合うようなことを感じられる映画だと思って観に行けば十分に満足できる映画だと思います。

この秋オススメできる映画です。

 

ぜひみなさんも映画館に足を運んでみてください。

 

最後に主演の二人のインタビューを紹介します。

eiga.com